Love Again
東方神起・第7集『TENSE』(2014.1.6)
第7集リパッケージ『수리수리(Spellbound)』(2014.2.27) 

Korean Lyrics by 장연정
Composed by 김태성 / Andrew Choi / FAST LANE / SKY BEATZ
Arranged by SKY BEATZ



[ユノ]
チョンマル ノインジ ミドゥル ス オプソ ジョンジドェ ボリン ドゥッ
本当に君なのかい? 信じられない 止まってしまったように

アム マルド モッタゴ ノル ボゴ イッソ.
何も言わずに君を見ているんだ

[チャンミン]
スルプミ マンドゥン ネ ファンサンイルカ ソンクッチョッチャ デジ モッタン チェ
悲しみが作った僕の幻想なのかな 指先さえつけられなかったまま

ネ ヌンムリ ナ グニャン ウッコ イッソ. ドラオン ノエゲ
僕は涙が出て そのまま笑っている. 帰ってきた君に

[ユノ]
キン ヨヘン クッテ ピョナン ジッチョロム
長い旅の終わりに 気楽な家のように

[チャンミン/ユノ]
ドラオル ジュル アラッソ. モドゥン ゲ ノム/グリウォッソ
戻ってくると思ってた. あまりにも/愛おしかった

[ALL]
We will fall. Fall in love all over again.

ヘオジン ジョッ ゴンヌン ドゥッ. Fall in love all over again.
離れることのないように. Fall in love all over again.

タシ ネゲ アンギョ. ニガ オットン ギン シガンドゥル
また僕に抱かれて. 君がいなかった長い時間を

[ユノ]
ジウォボリョ.
消してしまおう.

[ALL]
チョウム サランエ
初めて恋に

[チャンミン]
パジョットン グ ナルロ ドラガ.
落ちた その日に戻って.


[ユノ]
オットン イェギルル ヘヤ チョウルジ ダシ ノル マンナミョン
どんな話をすればいいのだろう また君に会ったら

[チャンミン]
ハゴ シップン マルドゥリ チャム マンナンヌンデ ナン
話したいことが本当に多かった僕は

[ユノ]
ソロエ ヌヌル バラボン チェロ
お互いの目を見つめたまま

[チャンミン/ユノ]
イビョリ デリョガットン ハルハルル/イッコ イッソ.
別れが連れて行った日々を/忘れている.

[ALL]
We will fall. Fall in love all over again.

ヘオジン ジョッ ゴンヌン ドゥッ. Fall in love all over again.
離れることのないように. Fall in love all over again.

シ ネゲ アンギョ. ニガ オットン ギン シガンドゥル
また僕に抱かれて. 君がいなかった長い時間を

[ユノ]
ジウォボリョ.
消してしまおう.

[ALL]
チョウム サランエ
初めて恋に

[チャンミン]
パジョットン グ ナルロ ドラガ.
落ちた その日に戻って.


[ユノ]
プドゥロウン モリカル ネゲ コン マンヌン ニ モドゥン ゴッ
柔らかい髪の毛 僕に合った君の全て

[チャンミン]
オルマナ サラン ヘンヌンジ ゲダラ オヌセ ヌンムリナ. No.
どれほど愛しただろう 気づけば涙が. No.


[ユノ]
ナルル トナ ヌグエ ギョッテ モムルロンヌンジ サングァンオプソ.
僕から去って 誰の側にとどまったかなんて気にしない.

ウェ ダシ ドラオンヌンジ マル アン ヘド サングァンオプソ.
どうしてまた戻ってきたのかなんて言わなくても構わない.

ハナマン センガッケ. ノヌン ネ ギョッテ イッソ. チグム ネ ギョッテ イッソ.
ひとつだけ思う.君は僕の側にいる.いま僕の側にいる.

[チャンミン]
アム センガッカジマ.
何も考えないで.


[ALL]
We will fall. Fall in love all over again.

チョウム マンナン ナルチョロム. Fall in love all over again.
初めて出会った日みたいに. Fall in love all over again.

カスミ トゥィヌン ゴル. アッパヘットン グ シガンドゥルン
胸のときめき.苦しかったその時間は

[ユノ]
ジウォボリョ.
消してしまおう.

[ALL]
チョウム サランエ
初めて恋に

[チャンミン]
パジョットン グ ナルロ ドラガ.
落ちた その日に戻って.


Fall in love. Yes, we will fall in love. Fall in love.





「Love Again」は昔の恋人と再会して最初のように愛するという内容の歌詞を哀切に表現した。東方神起の二人のメンバーの素敵なハーモニーとメロディラインが調和している。