ピルル タゴ…/雨に乗って…
비를 타고… (Everyday It Rains)
from TVXQ! SPECIAL ALBUM RISE AS GOD

Korean Lyrics by 황현 (MonoTree)
Composed, Arranged by Jamie Jones/ Oskar Cartaya



[Max]
휴일, 아침, 침대에, 늦잠,
ヒュイル,アチム,チムデエ,ヌッチャム,
休日、朝、ベッドで、寝坊、

멍한 공기, 참 오랜만의 여유
モンハン コンギ,チャム オレマネ ヨユ
ぼんやりとした空気、本当に久々の余裕

[U-Know]
한 손엔 대충 내린 커피
ハンソネン デチュン ネリン コピ

片手にはさっと淹れたコーヒー

창을 두드리는 빗소리를 듣다-가-
チャンウル トゥドゥリヌン ピッソリルル トゥッターガー
窓を叩く雨音を聴きながら

Oh 얼마 만에 니 생각이 나는 건지
Oh オルマ マネ ニ センガギ ナヌン ゴンジ
Oh 何時ぶりに君を思い出すのかな

Oh 너무 바빴지 그 동안 널 잊을 만큼
Oh ノム パッパジ ク ドンアン ノル イジュル マンクム
Oh 忙しすぎて その間君を忘れるほど

[Max]
Oh 근데 내가 왜 이래 피식 혼자 웃네
Oh クンデ ネガ ウェ イレ ピシッ ホンジャ ウンネ
Oh でもね 僕は何でこうしてふっとひとりで笑うんだろう

왜 하필 이런 날 니 생각이
ウェ ハピ リロン ナル ニ センガギ
何でどうしてこんな日に君を想うのか

[All]
비를 타고 니가 내게 온다
ピルル タゴ ニガ ネゲ オンダ
雨に乗って君が僕のところに来るんだ 

흐릿했던 그 기억이 더욱 선명해져. 니 얼굴도.
フリッテットン グ キオギ ドッ ソンミョンヘジョ. ニ オルグルド.
霞かなその記憶がより鮮明になって. 君の顔も.

비를 타고 니가 들려온다
ピルル タゴ ニガ ドゥリョオンダ
雨に乗って君が聴こえてくる

달콤하던 니 입술로 내게 속삭이던 그 소리도
タルコマドン ニ イプスルロ ネゲ ソクサギドン ク ソリド
甘かった君の唇で僕に囁いたその声も


[U-Know]
만남, 이별, 기대, 후회로 반복 되었던 우리 시간처럼
マンナム,イビョル,キデ,フフェロ バンボッ デオットン ウリ シガンチョロム
出会い、別れ、期待、後悔を繰り返していた僕達の時間みたいに

[Max]
계절은 돌고 비는 내리고 나는 점점 무뎌져 가겠지만
ケジョルン トルゴ ピヌン ネリゴ ナヌン ジョムジョム ムドジョ ガゲッチマン
季節は巡り 雨は降り 僕はだんだん鈍くなっていくけれど

[U-Know]
Oh 내가 멈춰도 시간은 흐르듯이
Oh ネガ モムチュド シガヌン フルドゥシ
Oh 僕が止まっても時間は流れるように

Oh 이 비가 그쳐도 너의 생각이 날까
Oh イ ピガ グチョド ノエ センガギ ナルカ
Oh この雨が止んでも 君を思い出すかな

[Max]
Oh 해가 뜨면 모든 게 사라져버릴까
Oh ヘガ トゥミョン モドゥン ゲ サラジョボリルカ
Oh 日が昇れば 全て消えてしまうかな

날씨에 취해 너를 만난다
ナルシエ チヘ ノルル マンナンダ
天気に酔って 君に会うんだ

[All]
비를 타고 니가 내게 온다
ピルル タゴ ニガ ネゲ オンダ
雨に乗って君が僕のところに来るんだ 

흐릿했던 그 기억이 더욱 선명해져. 니 얼굴도.
フリッテットン グ キオギ ドッ ソンミョンヘジョ. ニ オルグルド.
霞かなその記憶がより鮮明になって. 君の顔も.

비를 타고 니가 들려온다
ピルル タゴ ニガ ドゥリョオンダ
雨に乗って君が聴こえてくる

달콤하던 니 입술로 내게 속삭이던 그 소리도
タルコマドン ニ イプスルロ ネゲ ソクサギドン ク ソリド
甘かった君の唇で僕に囁いたその声も


[U-Know]
내 한쪽 어깨가 다 젖어도
ネ ハンチョッ オッケガ ダ ジョジョド
僕の肩半分がずぶ濡れでも

우산 아래서 나눴던 입맞춤
ウサン アレソ ナノットン イムマッチュム
傘の下で交わしたキス

[Max]
마지막 널 떠난 그 날의 모습도
マジマン ノル トナン ク ナレ モスット
最後に君と別れたその日の姿も

창문 너머로 비치고 있어
チャンムン ノモロ ピチゴ イッソ
窓の向こうに写っていて


[All]
비에 젖은 노래를 부른다
ピエ チャジュン ノレルル プルンダ
雨に濡れた歌を歌うんだ

많은 추억이 뒤섞여 슬프지만은 않은 이 노래
マヌン チュオギ トゥィソッキョ スルプジマヌン アヌン イ ノレ
たくさんの想い出が入り混じる 悲しいだけではないこの歌を

비에 취해 너를 불러본다
ピエ チヘ ノルル プルロボンダ
雨に酔って 君を歌ってみるんだ

겹겹이 쌓인 질문도 어떤 기대도 없이 부른다
ギョプギョビ サイン チルムンド オットン キデド オプシ プルンダ
積み重なった問いも どんな期待もせずに歌うんだ


비를 타고 니가 내게 온다
ピルル タゴ ニガ ネゲ オンダ
雨に乗って君が僕のところに来るんだ 

흐릿했던 그 기억이 더욱 선명해져. 니 얼굴도.
フリッテットン グ キオギ ドッ ソンミョンヘジョ. ニ オルグルド.
霞かなその記憶がより鮮明になって. 君の顔も.

비를 타고 니가 들려온다
ピルル タゴ ニガ ドゥリョオンダ
雨に乗って君が聴こえてくる

달콤하던 니 입술로 내게 속삭이던 그 소리도
タルコマドン ニ イプスルロ ネゲ ソクサギドン ク ソリド
甘かった君の唇で僕に囁いたその声も


비에 젖은 노래를 부른다
ピエ チャジュン ノレルル プルンダ
雨に濡れた歌を歌うんだ

많은 추억이 뒤섞여 슬프지만은 않은 이 노래
マヌン チュオギ トゥィソッキョ スルプジマヌン アヌン イ ノレ
たくさんの想い出が入り混じる 悲しいだけではないこの歌を

비에 취해 너를 불러본다
ピエ チヘ ノルル プルロボンダ
雨に酔って 君を歌ってみるんだ

겹겹이 쌓인 질문도 어떤 기대도 없이 부른다
ギョプギョビ サイン チルムンド オットン キデド オプシ プルンダ
積み重なった問いも どんな期待もせずに歌うんだ


Everyday it rains Everyday it rains Everyday it rains





伝説的なR&BグループであるAll-4-OneのJamie Jonesが作曲したオシャレなミッドテンポのR&B曲で、別れた恋人に対する懐かしさを「雨」という天気に例え、忙しい現代人が日常の中で感じる別れの痛みを淡々と表現して共感帯を形成する。